今年は、春からバケツでお米を育てました。

「米」という字は「八十八」という文字からつくられたといわれています。お米ができるまでには88回もの手間がかかる、という意味だそうです。

昔にくらべて今は便利な機械もあるので、米作りも早く楽にできるようになったとはいえ、稲を育ててお米を収穫するまでには、天気に気を配り、水の張りに気を配り、稲の様子に気を配り、鳥や虫にも・・・。

たくさんの手間がかかることがわかりました。手をかけ育てたお米を、この秋収穫。

一粒一粒(数えるほどしかないお米)を大切に味わいました。

 

dsc02577%e8%8a%bd%e3%81%a0%e3%81%97%ef%bc%89dsc02583%e7%a8%ae%e3%81%be%e3%81%8d%ef%bc%89dsc02601%e5%88%86%e3%81%92%e3%81%a4%ef%bc%89dsc02680%e5%88%86%e3%81%92%e3%81%a4%e3%81%8c%e9%80%b2%e3%82%80%ef%bc%89%e4%b8%ad%e3%81%bc%e3%81%97

 

 【芽だし】種もみから芽がでました これからが楽しみです。

【種まき】水とよく混ぜて泥になった土を入れたバケツに、種もみ を少し離して植えつけます

【分げつ】茎の育ちのよい苗を、4~5本にまとめ水をはります。まだまだヒョロヒョロの稲

 

 

 

                                                                         【分げつがすすむ】 日の光を浴び、日に日にたくましく成長していってます

 

 

dsc02862%e7%a9%82%e3%81%8c%e5%87%ba%e3%82%8b%ef%bc%89dsc02865%e7%a9%82%e3%81%8c%e8%82%b2%e3%81%a4%ef%bc%89dsc03084%e3%81%8a%e7%b1%b3%e3%81%8c%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%ef%bc%89dsc03096%e8%84%b1%e3%81%93%e3%81%8f%ef%bc%89

 

【穂ができる】中ぼしといって、一度水を抜きます。そうすることで、土は酸素を取り込み、根がはり、丈夫に育つといわれます。大きくなってね!おいしくなってね! 

【お米ができる】 スズメにたべられないように、本来なら網をはるのですが今回は、ハロウィンのキラキラホウキを逆さに立て、スズメ対策   

【脱穀】

一人前に稲刈りをしました。穂からもみをとると…1カップの半分にも満たない量ですが、嬉しい   

 

dsc03266dsc03267 

【もみすり・精白】脱穀したもみをすり鉢で軽くすりながら、息を吹きかけもみ殻や糠を落と しま   す。これが、最大の大仕事!なかなか白米にならず、家族が寝静まってから、一人黙々とすること3日!!娘は「まだ~?」と、飽き飽きしてました。

【完成】白米と混ぜて、1合弱のご飯を土鍋で炊き上げました!!食べるのがもったいない…最高

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする