今の私の生活の一部?大半を占めているかも・・韓流ドラマ。いわゆるコロナで「おうち時間が増えた!」っと言うよりも、もともとおうち大好きなので、休日は、ランニングに始まり、やるべき家事のあとは、撮りためたビデオを観るというのがなにより楽しみであった。

再放送のサスペンス2時間ドラマが大好きだった・・のが、韓流ドラマに魅せられはまってしまったということ。

きっかけは、在宅勤務が多くなった娘の勧めであった。その当時、どのチャンネルもどの時間帯も毎日のようにコロナ関連のニュースでちょっとうんざりだった。そういうことも重なり、勧められたのが大ヒットドラマ「愛の不時着」だった。ここから始まり、楽しみに今もいろんなのを見てる。気に入ったものは、リピートしてしまう。

 私がなぜはまったのか、自分なりに分析を。まず、日本のようなCMがないこと。いらチのあたしにとっては、感動でしかなかった。スキップの作業もないし、内容に集中できる。

次に主人公ではない、サイドストーリーがしっかりしてて、楽しみ倍増という感じ。だいたい1話約1時間ぐらいあるのが、全16話以上と見ごたえがあります。また文化の違いや習慣の違いなど、この年になって知ることができ、その違いがとても素敵に見えるも楽しみのひとつである。もうひとつ好きなところは男優さんの泣くシーンがわりとあり、キレイで

ほんとに感心します。またドラマ中に流れる音楽もとてもいいですよ。韓国通の先輩からおすすめ作品を聞いては、見ています。まだまだ初心者ですが、たくさんの作品を観たいと思います。そして、いつか韓流ドラマの聖地巡りをしに行ってみたいと思います。美味しいものも食べに・・。

一応、この10月から緊急事態宣言が解除され、真っ青な空の下、京都散策へ行ってきました。

 

目的は相国寺。相国寺では1年半ぶりの特別拝観を再開されており、

また、相国寺内にある美術館「相国寺承天閣美術館」では、あの「お宝・・・」番組などによく登場する

伊藤若冲の絵画展「若冲と近世絵画展」が開催されておりました。

 

まずは、法堂へ・・・

豊臣秀頼により再建されたもので現存する法堂の中では最古のもので、

ここには天井には蟠龍図(ばんりゅうず)が書かれており、鳴き龍で有名なのです。

中はとても天井が高く、ひんやりとしていてこの暑い日にはちょうど良い休憩場所です。

よくある話ですが、この龍の目! 法堂内のどこに移動しても見られている感じで不思議。

鳴き龍とは、龍の顔が書かれている真下で手をたたくと反響音が鳴り響きます。ただ 真下にいる人にしか聞こえないようです。

以前は自由に回れていたのですが、このコロナ禍の為、僧侶の方が常駐され詳しく説明をしてくださいました。

 

 

このあと、方丈にて襖絵や御所参内容の駕籠を見てきました。

 

今回の特別拝観のチラシには星(五芒星)が頭に刻まれている法堂の鬼瓦の写真が使用されており、

【コロナ禍での厄除け祈願の意味を込めて境内建物の屋根にある星模様の鬼瓦をみつけたら記念品!】 

とあるではないですか! んっ、これは探さないと!

早速、外へ出て法堂の周りの上を見ながら・・・まわる!まわる!探し回る。

法堂の屋根から四方に突き出た鬼瓦は、

各四方に2つずつの鬼瓦が2重になっており下から見上げて2~3周してやっと見つけました。

 

報告に行こうと、再度、方丈内に入ろうとしたら・・・

先ほど蟠龍図の説明をしてくれた僧侶の方に声をかけられました。

 

『おっ!見つかりましたか?』 ― はい!

『では、売店の方に伝えて記念品を貰っておいで』 -はい!あそこですよね。

『そうそう!よく見つけましたね』

早速、売店の女性僧侶さまに・・・

『星模様の鬼瓦、見つけました!』 と勢いよく伝えます。

ところが、その女性僧侶さまは厳しくて・・・前にいたお客さんにも何度も何度も確認していました。

『何番目のどこ?』 ―ここを出たところの上から2番目です!

『違います!』の一点張り。

仕方なくあきらめ戻ってくると、先ほどの優しい僧侶さんが、

『もらってきたか?』と優しい笑顔で声をかけてくれます。ー違います!って言われた・・・。

『そうなんかー、えっらい厳しいなー。こっちおいで、ここから写真撮って見せておいで』

と、少し高台の一般禁止の場所へ案内してくれ写真を撮らせてくれました。

 

再度、女性僧侶さまのところへ行き

『これです』と写真を見せると、すんなりと記念品をくださいました。

先ほどのやり取りはなんだったか?!

 

記念品:「疫病退散」と書かれた封筒を頂きました。

     中には栞が。

 

10月とはいえ、とてもとっても暑い一日、

テクテク歩き回って・・・12,000歩。

良い運動にもなりました。

今月末まで開催しているようです・・・。

ぜひ、星模様の鬼瓦を見つけに行ってください。

徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを…‥。

徒然草 第十四段にも出てくる猪。

恐ろしき猪のししも「臥猪の床」と言えばやさしくなりぬ。

※あんなに恐ろしい猪のししの事でも「猪のししが寝床にするために枯れ草を集めて敷いたもの」といえばかわいらしいものになってしまう。

今回はそんなイノシシのお話です。

つくつくぼうしも季節外れの長雨で今年はあまり鳴き声を聞かなかったなあと思っていたら、もう秋の虫の声が聞こえ始めてきた。

夜風が気持ちよくなりふらっと外へ出てみた。

暗闇の中で何か動いたような気配を感じ、少し怖かったがしばらく目を凝らしてみた。

2体?2匹?もしかしてやばいのをみてしまったのかも…‥。

自分の気配を殺して佇む。

突然ワッと飛び出してきたのは2匹のイノシシ。

鉢合わせしてしまった。あっと思ったがとっさに声が出ない。

「あっちに行け!」と思い勢いよく音を立てて「ドン」と一歩を踏み出してみた。

相手もひるまず短い足で私と同じ事をしてくるではないか?!

イノシシに脅された。あっけなく負けた。

すぐに玄関に逃げ帰り主人を呼ぶ。

「イノシシが来た、やばい入ってくるかも」

主人「なにいーー」すぐに飛んで来てくれた。

イノシシは道を譲られて勝ち誇ったようにスタスタと歩いてゴミステーションへ。

通った後は残り香がすごい。

「くっさーーーーーーーー」

獣臭がすごい。ありえない匂いが漂う。

水浴びぐらいしたら良いのに。(←余計なお世話)

主人が後を追うが暫くしたら全速力で帰ってきて裏庭まで逃げていった。玄関先であっけにとられている私を置いて。

直ぐにイノシシが後を追いかけてきて「おい!おっさんが今走ってきたやろ!どこ行った?」と言わんばかりの態度で玄関先の階段に顎をのせロープみたいな尻尾をフリフリしてこっちを見てくる。

人慣れしているのかなんだか楽しそうに笑っているように見えた。

犬が飼い主と遊んでいるかのように。

翌日は6匹でお行儀よく並んで下りてきた。(←だんだん増えとるやないか!)

口コミで町はええで!とでもなったのかい?と心の中でつぶやいた。

人間はコロナでステイホーム。イノシシはGO TOトラベル。

朝、道には沢山の置き土産がおちていました。

コロナにイノシシに気を付けねばならぬ。

 

 

 

元々、運動不足を感じていたが、コロナ禍でさらに拍車がかかり、移動は車ばかり。

駅から自宅も職場も近いし、歩く機会も少ない・・・。ジムに通う時間もないしと思っていた。

そんな中、自粛期間中のG.Wに子供たちと自宅にいる時間が長いし、家族で運動を何か始めようという話になった。

朝、早起きしてウォーキング、家で筋トレ、買い物ついでのウォーキングなどなど案が出たが、続けれるかな?みんな首を傾げた。

とにかく、家のYouTubeで踊ってみる?と、まずは「宅トレ ダンス」で検索。

全身燃焼ダンスや部分的に効果的な二の腕痩せなどなど、あるはあるは。

子供たちは楽しいのがいいと好きな曲(子供たちは今流行りのヒップホップを選択)を入力して更に検索。

あった!!あった!!と歓声。

「鬼滅の刃」や「NizuU」の曲などを使ってエクササイズをしているYouTuberの方がいたようだ。

これは歌いながらできるから楽しいかも?とやってみる。

歌いながらできるので子供たちは楽しそう。

ただ、私だけ汗だくできっ、きつい!!と叫びながら動く・・・(日頃の運動不足を痛感( ;∀;))

1曲3-4分で短いが、結構な運動量。

でも、苦ではない。

きついけどやりきると何とも言えない達成感がある。

G.W中は、個々に好きな曲や気になる部位を選んで取り組んだ。

日によっては、みっちりトレーニングする時もあれば、疲れている時はストレッチのみなど

体調や気分によって自分で選択できるのがいい。

これなら続けられそう・・・

半信半疑であったが、現在の8月まで何とか3ヶ月続いている。

今は次女、三女は時々気まぐれにやってはいるが、長女は運動する機会が少ないからと、お風呂上りに

冷房をつけて継続中。

私も皆が寝静まった時間にしかできないが、最近はもはや、やってから寝ないと

気持ち悪いレベルになっている自分がいる。(長女も同様らしい)

 

宅トレ効果は果たして・・・

体を動かすいいきっかけになった。

いつまで続けれるかわからないが、とにかく続けれるまでやってみようと思う。

継続は力なり!

 

 

 

 

 何か運動しないとなぁ・・・。

と思ったことから始まったウォーキングですが、最近、発見する楽しみをみつけました。

公園や歩道を彩る季節の花、プランターで育てられてる夏野菜の成長、最近ずっと閉まっているお店や新しく開店したお店、あっという間に取り壊されて整地になった土地(そうなってしまうと、前に何が建っていたのか不思議と思い出せない…)、通ったことのない路地などなど。

 

梅雨の時期になると、見事な花を咲かせるアジサイ。今年は例年にくらべ、梅雨入りが早かったからか、6月初旬には早々と満開のアジサイが多くみられました。

今回は、歩きながら見つけた様々なアジサイを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジサイといえば雨!!やっぱり雨の日も見てみたくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の日に歩く楽しみをみつけました。

アーカイブ