体験することになったそもそものきっかけは、

一年半くらい前に突然左肩の関節が痛くて腕が上がらなくなって、

その少しあとに今度は右肩関節が痛くなって。
まわりのお友達に聞いてみたら「あなたもついに、それは四十肩」「いやいや五十肩」と。
まわりのお友達もすでに経験済み。
で、どうやってやり過ごしてるのって聞いてみたら、整形外科で注射を打ってもらってのリハビリ。

とりあえず整形外科受診して診断してもらうのがいいと言われたけど、

病院嫌いなのでなかなか決心がつかず。

 

 その後、あまりの痛さに夜も眠れなくなって、ついに覚悟を決めて整形外科を受診。

検査してもらった結果、右肩は「肩関節周囲炎」まあいわゆる五十肩。

左肩は、なんとっ「左肩腱板断裂!」 激しい運動どころか何もしてないのに〜。

それから痛み止めの注射と理学療法士さんによるリハビリが始まり、

右肩の五十肩は良くなったものの、左肩の腱板断裂は治ることはないそうなので、

リハビリで筋肉の使い方姿勢をなおしていくことで痛みをコントロール。

 

 ほぼ一年が過ぎて、このままリハビリをつづけていても頭打ち感は否めず、

理学療法士さんに体幹を鍛えたり姿勢をよくするにはなにがいいのか相談してみたら、

ピラティスを勧められました。

教えてくれた教室は、インストラクターの人が理学療法士の資格を持っていて、

生徒さんのそれぞれの希望に合った動きを教えてくれるとのこと。

 

 そもそもピラティスってどんなものか知らなかったのでググってみたら、

「1920年代にドイツ人従軍看護師のジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス氏が、

負傷した兵士のリハビリトレーニングのために、激しい運動が難しい人でも、

筋力を強化できるエクササイズを提案したことがピラティスの始まり」だそうです。

 

 さっそく教室に体験予約をとり、まずは、問診。

今、困ってること、今後どうなりたいか。

そう、まずは、体幹を鍛えて腱板断裂による痛みのない可動域の修整、

あとは肩こり・首こりなくすことを目標に。

先は長そうです。

 いざ、レッスン!!

レッスンすること一時間。動き自体は無理のない動きで、息が上がることも、

脈が早くなることも、汗をかくこともなく。

意識することは、呼吸と姿勢を保つこと。

これがなかなか難しく、気を抜くとお腹が緩んでたり肩が上がって力が入ってたり。
普段意識して使っていない筋肉を、正しい姿勢を保つために意識して使うということが、

どれほど大変なのかと身を持って感じました。

 

1時間のレッスン後の帰り道、確かに背筋が伸びて軽やかな足取りで歩いているのに気がつきました。

 

 ただ、これがいつまで続くかというのはまた別のお話ですが。。。

 今後、レッスンを続けていくようにモチベーションを保つことも必要ですね。

こんにちは〜です。

 

 

私最近、『苔』にハマってます。

 

 そんな私が、先日苔テラリウムのワークショップに行ってきました。

コロナの中、私を含めて8人ぐらいはいたと思いますが、

ちゃんと台には仕切りがあり対策はされていました。

 講師の方の説明のあと、さっそく作業開始。

この時点でもうテンション上がっています➚。

出来上がりを創造しながらの作業なのでとても頭を使います。

瓶の中に土や石を入れて土台を作り、ピンセットで苔を

さし込んでいくのですが、なんせ手がでかいので

すんなりとささりません。無言での作業が続きます。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてワークショップの時間終了〜

時間が足りない!

手がでかい!(これはどうしようもありませんが…)

見本の苔テラリウムにもありますが、

苔にミニチュアのフィギュアを入れると世界観がでます。

なのでキツネと鹿をオプションで購入。

配置的に弱肉強食って感じになりました。

時間もなかったので見本よりかなり苔の量が少なかった。

なので追加で苔を購入、家で続きをしようかとピンセットも購入。

苔に散財。。。

家に帰り旦那と娘にお披露目~

 

娘「キツネの方が大きいね」

旦那「老眼で見えない」

私「苔を見ろー!!」

 

家族には興味がないようで、でもいいんです。

私の癒しなので…

 

最近歩いていて道に生えている苔をみると

「これ何の種類やろ?」

「ん?」

これはもしかして『苔女』になっている?

『苔』いいですよ~

 

 

 

保護猫の譲渡会へ行って来ました。

参加費100円で沢山のねこちゃんとふれあえるなんてパラダイス♪と軽い気持ちで参加。

実際に目にするとみんな何処か不安そう…

知らない人が次から次へと覗き込んで来る。そりゃ怖いよね。

怖すぎてブランケットに潜り込んでなかなかお顔を見せてくれないにゃんこちゃんもいます

このブランケットの下に2匹隠れてるんですよ。良かったら見て行かれませんか?と声を掛けられ出てきたのは

茶トラの可愛い男の子。そして敬遠されがちなんですけど…

と出て来てくれたのが黒猫ちゃん。

旦那が抱っこさせてもらい、お声聞かせて!と話しかけると何とも可愛い声でにゃ~と答えてくれました💕

閉館の時間がきてしまい帰宅。1つの大事な命を預かる事の重み。

いつかは必ず来てしまうお別れの辛さなど沢山考えてやっぱりやめとこうか…色々悩み考えた結果前向きに家族に迎える事に。

トライアルの期間が無事終了し正式に家族になりました!

 

 

最初は顔を見るたびにシャーシャー言っていたんですが、

焦らず少しずつ少しずつを愛言葉に。今ではすっかり甘えん坊さん。                  今もず~っと膝の上…可愛いのよ。

まるでストーカーの様について周ります💕

ぐうじは超~お喋りさん。朝は❝ おはよう ❞ 帰宅後何処にいるん?と聞くと ❝ ココ~ ❞ 何処よ?て聞くと❝ ココよココ~ ❞ と教えてくれます。あとはお腹がすくと ❝ ごはん ❞ と言うんです!本当に!

マジで可愛い💕私たちに沢山の幸せな時間をくれるぐうぐうさん。ぐうじも幸せならいいけどなぁ~🍀

ぐう、頑張って譲渡会に参加してくれてありがと。

私たちのところへ来てくれて本当にありがとう🍀

 

                                  ( 初めましてぼく…ぐうじ! )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ( ぐうじは見た )       ( ぐうじ光合成中 )       ( ぐうじTVに夢中 )

 

辛い時・哀しい時・しんどい時・どんな状況になっても預かった小さくかけがえのない命を守るため

沢山の優しさに感謝し…🍀私も頑張ります!

 

ねこちゃんを飼いたいなぁ。保護ねこちゃんに興味のある方。一度譲渡会に行かれてみてはいかがでしょうか?

素敵な出会いが待ってかもですよ🍀

 

最後に可愛いぐうじの寝顔?をたっぷりと💕               

 

 

沢山の保護ねこちゃんが

里親さんのもとで幸せに

暮らせますように🍀

@^「 

( ↑ぐうじの一言? )

最後にポチポチと手伝ってくれました!                                                                        

 

 

 

 

今の私の生活の一部?大半を占めているかも・・韓流ドラマ。いわゆるコロナで「おうち時間が増えた!」っと言うよりも、もともとおうち大好きなので、休日は、ランニングに始まり、やるべき家事のあとは、撮りためたビデオを観るというのがなにより楽しみであった。

再放送のサスペンス2時間ドラマが大好きだった・・のが、韓流ドラマに魅せられはまってしまったということ。

きっかけは、在宅勤務が多くなった娘の勧めであった。その当時、どのチャンネルもどの時間帯も毎日のようにコロナ関連のニュースでちょっとうんざりだった。そういうことも重なり、勧められたのが大ヒットドラマ「愛の不時着」だった。ここから始まり、楽しみに今もいろんなのを見てる。気に入ったものは、リピートしてしまう。

 私がなぜはまったのか、自分なりに分析を。まず、日本のようなCMがないこと。いらチのあたしにとっては、感動でしかなかった。スキップの作業もないし、内容に集中できる。

次に主人公ではない、サイドストーリーがしっかりしてて、楽しみ倍増という感じ。だいたい1話約1時間ぐらいあるのが、全16話以上と見ごたえがあります。また文化の違いや習慣の違いなど、この年になって知ることができ、その違いがとても素敵に見えるも楽しみのひとつである。もうひとつ好きなところは男優さんの泣くシーンがわりとあり、キレイで

ほんとに感心します。またドラマ中に流れる音楽もとてもいいですよ。韓国通の先輩からおすすめ作品を聞いては、見ています。まだまだ初心者ですが、たくさんの作品を観たいと思います。そして、いつか韓流ドラマの聖地巡りをしに行ってみたいと思います。美味しいものも食べに・・。

一応、この10月から緊急事態宣言が解除され、真っ青な空の下、京都散策へ行ってきました。

 

目的は相国寺。相国寺では1年半ぶりの特別拝観を再開されており、

また、相国寺内にある美術館「相国寺承天閣美術館」では、あの「お宝・・・」番組などによく登場する

伊藤若冲の絵画展「若冲と近世絵画展」が開催されておりました。

 

まずは、法堂へ・・・

豊臣秀頼により再建されたもので現存する法堂の中では最古のもので、

ここには天井には蟠龍図(ばんりゅうず)が書かれており、鳴き龍で有名なのです。

中はとても天井が高く、ひんやりとしていてこの暑い日にはちょうど良い休憩場所です。

よくある話ですが、この龍の目! 法堂内のどこに移動しても見られている感じで不思議。

鳴き龍とは、龍の顔が書かれている真下で手をたたくと反響音が鳴り響きます。ただ 真下にいる人にしか聞こえないようです。

以前は自由に回れていたのですが、このコロナ禍の為、僧侶の方が常駐され詳しく説明をしてくださいました。

 

 

このあと、方丈にて襖絵や御所参内容の駕籠を見てきました。

 

今回の特別拝観のチラシには星(五芒星)が頭に刻まれている法堂の鬼瓦の写真が使用されており、

【コロナ禍での厄除け祈願の意味を込めて境内建物の屋根にある星模様の鬼瓦をみつけたら記念品!】 

とあるではないですか! んっ、これは探さないと!

早速、外へ出て法堂の周りの上を見ながら・・・まわる!まわる!探し回る。

法堂の屋根から四方に突き出た鬼瓦は、

各四方に2つずつの鬼瓦が2重になっており下から見上げて2~3周してやっと見つけました。

 

報告に行こうと、再度、方丈内に入ろうとしたら・・・

先ほど蟠龍図の説明をしてくれた僧侶の方に声をかけられました。

 

『おっ!見つかりましたか?』 ― はい!

『では、売店の方に伝えて記念品を貰っておいで』 -はい!あそこですよね。

『そうそう!よく見つけましたね』

早速、売店の女性僧侶さまに・・・

『星模様の鬼瓦、見つけました!』 と勢いよく伝えます。

ところが、その女性僧侶さまは厳しくて・・・前にいたお客さんにも何度も何度も確認していました。

『何番目のどこ?』 ―ここを出たところの上から2番目です!

『違います!』の一点張り。

仕方なくあきらめ戻ってくると、先ほどの優しい僧侶さんが、

『もらってきたか?』と優しい笑顔で声をかけてくれます。ー違います!って言われた・・・。

『そうなんかー、えっらい厳しいなー。こっちおいで、ここから写真撮って見せておいで』

と、少し高台の一般禁止の場所へ案内してくれ写真を撮らせてくれました。

 

再度、女性僧侶さまのところへ行き

『これです』と写真を見せると、すんなりと記念品をくださいました。

先ほどのやり取りはなんだったか?!

 

記念品:「疫病退散」と書かれた封筒を頂きました。

     中には栞が。

 

10月とはいえ、とてもとっても暑い一日、

テクテク歩き回って・・・12,000歩。

良い運動にもなりました。

今月末まで開催しているようです・・・。

ぜひ、星模様の鬼瓦を見つけに行ってください。

アーカイブ