ティータイムやくつろぎタイムに好んでいただくのはお紅茶です。

コーヒーの香りは好きだけど飲んだときの苦味や酸味の後味が苦手で、もっぱらお紅茶党です。といっても、「うんちくを語れる」ほどのことはないのですが。

お昼間にちょっとゆったりしたいなって思うときは「マリアージュフレール」のフレーバーティ「マルコポーロ」にしています。香りが華やかで優雅な気持ちになります。夜のくつろぎタイムには、「マリアージュフレール」の「デストレスティ」です。これはお紅茶というよりカモミールなどのハーブをブレンドしたハーブティで、気分がふわっと落ち着くような感じです。

また最近、友達から「№57」のお茶をいただいたので、初めての「白茶」(中国茶のひとつ)の味も楽しんでいます。「白茶」は長時間たっても苦味や渋みをそんなに感じないので美味しくいただけます。

先日、梅田阪急百貨店で「ワールド・ティー・フェスティバル」をやっていたので

ちょっと立ち寄ってみました。世界各国の紅茶の専門店が出展していました。

フランスの「テオドー」、アメリカの「ベロック」、英国の「リントンズ」、

トルコの「チャイクル」、タイの「№57」などなど、目移りしそうなほどです。

その中で目を惹いたのが、天然のドライフルーツを使ったフルーツティで有名な

オーストリアの「ハース&ハース」です。

「ブーケロイヤル」を試飲させていただくと、ベリーをふんだんに使った鮮やかな色の甘酸っぱいお味で茶葉特有の渋みなどがなくほんとにフルーティです。

あまりの美味しさに思わず「美味しい!!」って繰り返してました。自分用に購入したのはもちろんのこと、親しい人たちにも飲んでもらいたくてついついいっぱい買ってしまいました。

なので、ここ最近は「今日はどのお茶にしようかしら♪」と楽しい迷いの日々を送っています。

今回はドライフルーツティでしたが、生のフルーツで作ってみるのもいいかもしれませんね。ぜひフルーツティを試してみてくださいね。

 

 

 

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする