遥か南の島に素敵な古民家カフェがあります。

 

定年後4年の歳月をかけてイメージに合う沖縄琉球赤瓦屋根の古民家を探しだし
手間暇かけて手を加えた内装の、異国情緒漂う

オーナーYちゃんの愛と沢山のこだわりの詰まった素敵な古民家カフェ。

 

ガラガラガラ~っと玄関を開ければとっても素敵でオリエンタルな空間。

奥から ❝ど~ぞ~❞ っとやわらかく暖かい声で迎え入れてくれます。

まるで親戚の家に来たかの様な、最初はワクワクそしてちょっと緊張した様な感覚に。

 

 靴を脱いで玄関を上がり、畳が敷かれた和室で座布団に座り頂く挽きたて珈琲。

沢山種類があり何にしようか迷うほど。Yちゃんにオススメを聞いたりするのもまた楽しい時間

丁寧にドリップしてくれるので、少し時間はかかるけどその時間もまた癒しのひと時に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 内装もそうだけど、こだわり抜いた器たち。

陶器は離島在住の陶芸家さんの作品なので、おしゃれで暖かみのある1つ1つこだわりの作品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな雰囲気の中で頂く珈琲はなんとも贅沢な感じがしつつ、何処か懐かしさも感じます。

ゆったりと静かに流れる時間。Yちゃんとのお喋りも楽しくあっという間に時間が過ぎちゃいます 

 

そんなYちゃんの素敵な古民家カフェがなくなってしまうかも…

赤瓦屋根は雨漏りがしてしまい補修にもかなりのコストがかかってしまうそう。

ここ数年内地からの移住者も多く家賃もうなぎ上りで

古民家のオーナーさんが、Yちゃんのお店がある古民家のある一帯を

マンションに建て替えようかと模索しているそうです

 

消えゆく古き良き沖縄の原風景を維持する事の難しさ…

島を訪れる度に変わり行く風景。次々と新しく建つホテル。

島人もこのままでいいのかなぁ…と戸惑うほどだそう。

現実はそんなに甘くない事はよく分かりますが、それでも維持し続けてほしいなぁ…

Yちゃんのこだわりの古民家カフェがこの先もずっとずっとあり続けます様に。

 

 

 

 

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする